発毛・育毛・薄毛などの改善に役立つ知識・情報・ヘアケア商品等をわかりやすく紹介、実体験も豊富!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱毛の原因でもふれていますが、脱毛を防ぐには生活習慣や食事に気をつける他


普段からのお手入れが非常に大事です。普段のケアをしてはじめて、育毛剤の効果が期待


できます。髪の毛の土台となっている頭皮を健康に保たなければいくら育毛剤を使っても


効果は期待できません。中でもシャンプーには特に気を付けなければなりません。


一般に販売されているシャンプーには石油系の界面活性剤が含まれています。


この界面活性剤が頭皮に良くないのです。どう良くないかは【シャンプーの知識】


で詳しくお話しいたしますので、ここでは割愛いたします。


ブラッシング
髪がもつれたままだと無理な力がかかり髪を傷めることになりますので、シャンプー前にブラッシングをしましょう。たまに、あまり強いブラッシングは頭皮を傷つけてしまいます。


シャンプー前後に髪を洗う
シャンプーを全体に行きわたらせるために十分に濡らします。というより洗い流す様に2~3分間かけます、そうする事でシャンプーが良く泡立ちます。


次にシャンプーを手に取り軽く泡立ててから髪を洗います。洗うときは、一回目に髪全体を洗うように二回目には頭皮を意識してマッサージする様に洗ってください。すすいだ後、1回目の半分の量でもう一度洗います。


ここで、爪を立てて洗うと気持ちが良く感じますが、絶対に禁物です。なぜなら、そうする事によって頭皮が自己防衛の為に固くなろうとするのです。固くなるとどうなると思いますか?
固くなった頭皮に新しい髪は生えて来ないのです。この固くなってしまった頭皮を温泉成分によって柔らかくし、発毛を促すという素晴らしい発毛剤があります。

【髪之助】というものです。
こちらも後ほど説明致します。


すすぎをしっかりと
シャンプーが残ると毛穴がつまって、頭皮の荒れやかぶれの原因になるので、
しっかりとすすいでください。頭皮のかぶれは、脱毛の原因となってしいまいます。
すすぎの時に力を発揮するのが【頭皮洗浄器ケアナケア】です。
少し高価なものですが、ヘアケアサロンに行って何十万も払うくらいなら
こちらをお試しいただくのも良いでしょう。

乾燥
濡れたままでいると、髪に負担をかけることになりますので、すぐに乾かしましょう。
まずタオルで水気を取ります。ゴシゴシ強く拭いたり、こすったりすると、髪を傷めてしまいます。タオルを指で押し当てたり、軽くつまんだりして乾かしましょう。
タオルドライで乾かなかった場合は、ドライヤーを使います。
ドライヤーは髪から15cm以上離して動かしながらあてること。温度設定が高かったり乾燥させすぎると、頭皮や髪を傷つけるので注意してください。


マッサージ
お風呂の中など、リラックスした時に3分から5分程度のマッサージを心掛けましょう。
ただし、毛が薄い部分(頭頂部分や脱毛部分)への強いマッサージは逆効果になることもあるので気をつけてください。先にも言いましたが、強い刺激は頭皮の硬化につながり発毛の妨げとなってしまいます。
毛が薄い部分以外の頭皮を指の腹で 押し上げる様にマッサージする事で、毛の薄い部分の頭皮の緊張をほぐしてあげます。


私のハゲが進行しない様にお助け下さい。
人気blogランキングへ

↑ここをクリックしてもらうと進行が遅くなります。     
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hatumou1.blog51.fc2.com/tb.php/4-e012b6c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。