発毛・育毛・薄毛などの改善に役立つ知識・情報・ヘアケア商品等をわかりやすく紹介、実体験も豊富!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

界面活性剤とは
油汚れをおとすために配合される洗浄剤です。
本来、水で油汚れはおとせませんが、この界面活性剤が入ることで油と水をなじませ水とともに流すことができるのです。
界面活性剤とは脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムの事をいいます。これを【石けん】と呼びます。それ以外の界面活性剤を合成界面活性剤と言います。
ここで注意する事があります。
動植物が原料であっても脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウム以外であれば合成界面活性剤なのです。【天然ヤシ油を原料とした自然にやさしい洗剤】なるものが市販されていますがこれも完全な合成洗剤で有害な合成界面活性剤の性質を示します。
つまり、原料の違いではなく界面活性剤として何がつかわれているか判断しなくてはならないのです。 脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム以外は毒性のある合成界面活性剤なのです。
現在、合成界面活性剤として使われている物質は100種以上とも1000種近くとも言われています。


合成界面活性剤がなぜ危険か?
人間の皮膚は脂の膜でおおわれていて細菌の侵入などからまもってくれています。
ところが合成界面活性剤が皮膚にふれるとその特殊な働きにより皮膚の脂分を取ってしまいます。これが肌あれ、ヒビ割れです。
このような無防備な状態になると合成界面活性剤はさらに皮下へと浸透していき、
細胞を破壊していきます。

以上から髪の毛を育てている頭皮に悪いという事は一目瞭然です。そして、さらには血管に侵入し全身へとまわっていくのです。
界面活性剤は、通常では分離している水と油を混ぜ合わせるための物質をいいます。
水と油が混ざると白くなるので、乳化剤とも呼ばれます。
強い乳化剤を使用すれば、品質の安定した化粧品などが出来、油汚れがよく落ちる洗浄剤を作ることが出来ます。
かつて界面活性剤は植物や動物から抽出したものでした。
しかし近年、石油から抽出した合成界面活性剤が主となり環境、人に重大な悪影響を及ぼしています。


 なぜ合成界面活性剤を止めて、天然の界面活性剤にしないのでしょうか?
合成界面活性剤は、非常に有害であるにもかかわらず、今では日用品のほとんどの製品に使用されています。
その理由としては、製品の原価を極めて安くすることができる、および たとえ有害でも現行の国の基準では合法的に製品化できることなどが挙げられます。
現在、使用が許可されている合成界面活性剤の種類は200種類を超えています。
そう、メーカーは危険と知りながらも結局、安く製造できて利益率の良い製品を作ってしまうのです。
”国が許可しているから安全”という鎧をつけて。


 ここでちょっとうなずいてしまう実験をして見ましょう。
●ボディソープ・食塩・小皿を用意します。
1.ボディソープを小皿に少し入れます。
2.そこに多めの食塩を混ぜます。
3.少しそのまま置きます。かき回すと反応が早いです。 CIMG1844.jpg
上の写真の様に1分もしない内にボディーソープは固まってしまいました。 
それは石油成分がたっぷり含まれている為石油成分と塩の成分が反応して、
塩化ビニールになって固まってしまったのです。
そうこのボディーソープは市販されている、ちょっと高めの商品です。


この実験からわかる事?それは・・・私たちの体から分泌される“汗”には少なからず塩分が含まれています。ボディソープなどで体を洗っている時、この実験と同じように皮膚上で固まっていると考えられます

合成界面活性剤を含む製品
・シャンプー
・リンス
・ムース
・ワックス等の整髪料
・シェービングクリーム
・歯磨き粉
・ハンドソープ
・浴用せっけん
・ボディソープ
・化粧品
・各種洗剤(洗濯・台所・浴室用等)


人体への影響
合成界面活性剤は、浸透力が強く、皮膚などからたやすく侵入し、血管内に入り、体内を巡り、蓄積されます。
特に肝臓や生殖器に悪影響
をあたえます。  
※女性の場合、子宮にも蓄積し、家系に無いのにアトピー性皮膚炎
アレルギー・喘息の子供が生まれる原因になると云われています。  
最近では、精液中の精子の数の減少など精巣障害との関連性も指摘されています。


 シャンプー・リンスは?
一般に店頭で売られているシャンプー・リンスのほとんどは、合成界面活性剤が入っているいわゆる「合成シャンプー」「合成リンス」です。
「植物性」「弱酸性」「アミノ酸系」などと、いかにも体に優しそうに聞こえますが、
髪にいい成分はほ~んのわずかで、あとは合成界面活性剤で増量しているのです。
毛髪・頭皮に良いわけありません、悪影響を与えます。
女性は男性に比べてハゲにくいのですが、最近、30~40代の女性でも薄くなっている方が多く見受けられるようになりました。
これも「合成シャンプー」「合成リンス」の影響が原因のひとつと考えられます。
合成シャンプーによる障害 合成界面活性剤の強い浸透力で、ほかの多くの添加物も皮膚内に入り込みます。
皮膚障害はもちろん、体内を巡り内臓にまで障害を引き起こす可能性があります。
フケ・抜け毛・薄毛・ハゲなどの原因のひとつといわれています。


 合成リンスによる障害
合成リンスの中身には、洗濯の仕上げに使う柔軟剤と同じ合成界面活性剤が入っています。
これは合成シャンプーに使われているものより、毒性が強力です。
(殺菌剤・帯電防止剤として使われる) リンスは十分すすぎをしない人が多いので、頭皮・毛髪にこの毒性の強い成分や香料など他の添加物が残留し、皮膚障害を引き起こします。
そして皮膚内に侵入し、体内を巡り、内臓にまで障害を引き起こす可能性があります。

 シャンプー、特にリンスを使用する場合は、十分すぎるほどすすぎましょう。  
リンス・イン・シャンプーは、問題ありです。
なぜか?それはリンスとシャンプーを一緒にするために安定剤として様々な添加物が含まれています。
それだけ体への危険性が高いでしょう。直ちに止めることをお薦めします。


 合成界面活性剤の種類には以下の様なものがあります。
アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ABS、LAS)
アルキル硫酸エステルナトリウム(AS)
アルキルスルホン酸ナトリウム(SAS)
アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム=ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(AES)
アルファオレフィンスルホン酸ナトリウム(AOS)
アルキルアミノカルボン酸塩=カルボキシベタイン(CB)
アルキルベタイン(AB)
アミノベタインアルキルグコシド(AG)
アルキルジメチルアミンオキシド(AAO)
イソプロパノールアミドショ糖脂肪酸エステル(SE)
スルフォベタイン(SB)
フォスフォベタイン(PB)
ポリオキシエチレンアルキルエーテルリン酸エステルナトリウム(POE)
ポリオキシエチレン脂肪酸エステル(PEF、PEL、PES、PEG)
ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル(POEP)
ポリオキシエチレンアルキルエーテル(POER)
ポリオキシエチレン脂肪酸アミドポリオキシエチレンアルキルアミン(POEAA)
モノアルキルリン酸エステルナトリウム(MAP)
高級脂肪酸エステルスルホン酸ナトリウム(SFE)
塩化アルキルメチルアンモニウム=塩化アルキルトリメチルアンモニウム(CCTMA)
塩化ジアルキルジメチルアンモニウム塩化ジアルキルジメチルベンジルアンモニウム=塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム(BZC)
塩化アルキルビリジニウム(ABC)
脂肪酸アルカノールアミド(MEA、DEA、TEA)
合成界面活性剤は2000種類くらいあります。
特に毒性が強いとされているのはPOER、POEP、LAS、AES、ASの5つです。
上記の似たような名前は間違いなく合成界面活性剤です。


 ラットによる実験
ラットの背中の毛を剃り、そこにいろいろな種類の台所用合成洗剤の原液を一日一回塗り皮膚の変化を見る実験です。
実験一日目: 24時間後には塗った部分にシワができ、ひどいものは亀裂が生じて出血するものも見られた。
実験七日目:ほとんどのラットは背中から出血し、やがてそれが凝固。
実験十日目:ひどいものは真皮ごとはげおち、二度と毛が生えない状況になった。
実験十四日目:ここまで生き残ったものは皮膚障害が回復し始めた。
         (どんなに環境が悪くなっても生き残るものがいる。)

洗剤の強さの違いにより3日目で絶命するもの、背中に塗ったのにおなかから出血するもの、
1ヶ月後も生きているものなどいろいろいたが、
合成洗剤は間違いなく強烈な皮膚障害を起こすのです。
成分は合成界面活性剤です。
rat2.jpg
なお、メーカーはハーブを配合したり自然のものを一部配合したりして「自然派」「肌にやさしい」「弱酸性」「天然成分」「ハーブ」「肌にもやさしい」「・・の香り」などと宣伝してきますがだまされてはいけません。全て合成系です。


 合成界面活性剤とセッケンの違い  
合成界面活性剤は石油から人工的に作られるものですが、セッケンは天然の油脂から作られるもので脂肪酸ナトリウムか脂肪酸カリウムです。
また、合成界面活性剤は油分の洗浄力だけではなく、皮膚への浸透力、細胞の破壊力を持っていますが、セッケンは脂分と触れると直ぐにその能力を失ってしまいます。
さらに、合成界面活性剤は自然界では分解されるのに何日もかかったり分解されずに残りますがセッケンはわずか1日で微生物により水と炭酸ガスに分解されてしまうので環境にもやさしいのです。
こんなに人体に良くない物をあなたは頭に振りかけているのです。
いままでの説明を”そんなの気にし過ぎ!、安全オタクじゃないの?”と思われますか。
薄毛の原因はいくつもありますが、ストレスが原因になる程にデリケートなものなのです。
そのデリケートな部分にはデリケートな対応が要求されます。

では何を使えば?
それを解決してくれるのが石鹸シャンプーと言われるものなのです。
大人はもちろん、小さな子供には特に
気を付けあげてください。
それも親としての愛情だと思います。石鹸シャンプーについては、次項で取り上げます。

少しは為になったならポチュっとお願いします。
人気ブログランキングへ最強のハゲ請負人を捜せ!
これで私のハゲの進行も緩やかになる事でしょう、有り難うございました。


   
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
みてみて!
こんにちは!sagamiです。
オススメサイトを紹介しますー。

「よめろぐ」 http://yome-log.jp/ha

お嫁さん専用のブログです。
僕は残念ながら男なので、登録はできませんが、最近よく見にいってます。

姑さんや旦那さんの悪口を言ったり・・
お嫁さんて大変なんだなぁーって勉強になります。
普段聞けないお嫁さんのホンネが覗けて面白いですよ!
人に言えないことがたくさんあるお嫁さんは、ぜひ参加してみては?


独身女性はこちらをどうぞ!⇒ http://femi-log.jp



次はこちら!

「大人のブログ」http://oto-log.jp/ha

18歳未満の方は見ちゃいけないようなので、ご注意を!!
大人の方のエッチな体験談などがいっぱいです!
他では言えない大人の話をしたい方にはオススメです!
2006/02/21(火) 22:33 | URL | sagami #JalddpaA[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/07/08(木) 20:25 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hatumou1.blog51.fc2.com/tb.php/6-4206aa02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
合成洗剤合成洗剤(ごうせいせんざい)とは、石油や油脂を原料として化学的に合成された洗剤をいう。石鹸より水溶性に優れ、洗浄力が強く、石けんカスが発生しないため、洗濯機の普及とともに広まった。歴史第一次世界大戦中のドイツで開発されたといわれている。兵士の制服
2007/10/17(水) 11:23:36 | 日用品いろいろ紹介しています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。